腰痛と上手に付き合うには

私と腰痛との付き合いは長くて、高校生にさかのぼります。
その頃、部活をしていたのですが、かなりの痛みで、神経ブロック注射を定期的に打ちに行っていました。
それから30年、高校生の頃の痛みはなくなったものの、つかず離れずずっと腰痛と付き合っています。
その間、整体、接骨院、鍼、腰痛体操、ヨガ、リンパストレッチ、湿布、キネシオテープ、ファイテンシール、カイロ、スタイルバタフライ、中山式快癒器等々、いろいろ試してきました。

以前は、ジクジクという痛みがずっとあったのですが、ここ数年は痛い時と痛くない時が分かれていて、座り仕事が続いたり、生理前になってくると、だんだん腰が痛くなってきて、そろそろヤバイな(ギクリ腰になる)と自分でわかるようになってきました。
けれど、わかるからといって完全に予防できるわけではなく、数年前から、年に1,2回ぎっくり腰になっています(トホホ・・・)。
自分が試した中で、予防としてやっているのが、毎晩のリンパストレッチと、ファイテンシール、それからこの冬はカイロです。
リンパストレッチで、腰だけでなく背中や肩、首を伸ばすので、随分体のコリがなくなったように思います。腰が痛い時は、だいたい背中もガチガチになるので、日々のケアで随分軽減されています。

また、ファイテンシールは「X30」という強力なのを、痛い部分の上に貼っています。
実は、あなどれないのがカイロです。これには本当にお世話になって、そろそろヤバイとなってからでも、痛いところを温めることでなんとかもったりします。
まだやるの?と思われるかもしてませんが、仕事で椅子に座っている時間が長いので、スタイルバタフライ(姿勢ケアのために椅子の上にのせてその上に座るもの)を置いています。

とはいえ、ここまでやっても、やっぱりギックリ腰になってしまいます。
ギックリ腰になってしまったら、直ぐに鍼に行くようにしています。私の場合、3日続けていくと、とりあえず軽くなるのであとは、ジクジクした痛みに耐えつつ、自然に痛みが消えていくのを待ちます。

ギックリ腰が近づくと、職場でも立ち上がる時に腰が伸びず、おばあさんのように歩いています。
格好悪いのは重々承知ですが、こればっかりはどうにもなりません。
これだけ、気をつけているのに、なんでなのかと腹立たしくも思いますが、上手に付き合っていくしかないんだろうなと思っています。
ちなみに、今年主人が初めてギックリ腰になりました。
彼曰く、「こんなに痛いとは!!今度から君がギックリ腰になったら優しくするわ」とのことです(笑)

かかとをつけた正座で改善した私の腰痛

私が、腰痛を初めて感じたのは記憶にある中では大学生の頃のアルバイトの時でした。
ファミレスのホールでバイトしていたので、基本立ちっぱなしだし、下げてきたお皿がたくさん入ったボックスを洗い場へと持ち上げて運ぶ作業が意外とキツくて腰にきたのです。
まだ若い頃だったのでそこまで辛さはなく、少し休めば良くなる事が多い時期でした。

でも、歳を重ねていくと重いものを持つとか、生理中などに腰痛を感じる事が増えてきたのが気になっていました。
妊娠してからは更に腰痛は悪化してきて、出産を終えてからは抱っこ紐でしか寝てくれない子供の為に益々腰は痛む事が増えました。
それでも、トコちゃんベルトを巻いていたお陰で少しましになったような感じがしました。
その時に、腰痛は骨盤の歪みがあるせいなのかなと思ったのです。

そしてその後も生理中には必ず腰が痛むようになり、ある時何がきっかけか分からないのですがとにかく腰が痛くてたまらない時期がありました。
起きていても横になっていても痛いから、なんとかしたくてインターネットで検索していた中で、気になる話がありました。
朝の30秒の正座で腰痛を改善すると言っている健康法があるそうなのです。

朝の30秒正座で腰痛が改善されました

そんな正座なんかで良くなる訳ないじゃないか、と初めは馬鹿にしていた私ですがどうせやってもお金はかからないのだし、とりあえずやってみようと思いました。
とにかく辛かったので、何にでも良いからすがりたかったのです。
そしてその正座ではかかとを付けるらしく、書いてある通りにやってみたのですが初めてやったらかなりキツかったのです。
かかとはいつも離して正座するし、むしろ正座自体あまりしないのが日常ですからね。
足首の辺りが痛いように思ったけど耐えられない程ではないので、我慢してやりました。

でも、驚く事に数日続けたこの正座で本当に私のその酷く辛かった腰痛からは回復できたのです。
多分、その正座で骨盤の歪みが治ったからだと思います。
せっかく良いことを知ったのに、毎日続けないと意味がないかなと思ったけど私はやはり忘れっぽくて普段はやれていません。
なので、今は腰痛が気になったらすぐに30秒の正座をするようにしています。
骨盤の矯正をしてるような感じなのでしょう。

最初はちょっとキツかったのですが、慣れたら本当にすぐ出来るし手軽でしかも効果ある腰痛改善方法なので、ありがたいです。
これを考えてくれた人には感謝したいなと思います。
普段から左右のバランスが悪い私だから、たまにかかとを付けて正座して癖になっていた腰痛で苦しむのを減らしたいと思います。

姿勢が悪く首や肩が辛い私を救ってくれた低反発マットレス

元々猫背で力まず立っている時でも首から上が前方に出てしまいがちの私。
只でさえ頭が大きく手重く、ちょっと連続して力仕事をしただけで強烈に肩や首が凝り、その煽りを受けて背中から腰がビリビリ痛み、週に1回の整体マッサージ通いが止められない身体になってしまっていました。
自力で姿勢を直そうと頑張っていたのは数年前までで、結局骨格が固まってしまってからはそう大きな矯正効果は望めないと分かり、それからはむしろその周辺を支える筋肉を強化し首を支えようと筋力トレーニングに励む様になっていたのです。

確かにそれから筋力は付いたのですが、そのおかげで今まで以上に身体が硬くなってしまい、どんなに熟睡したと思っても朝起きてみると身体の疲労が思ったより解消しておらず、また首や肩の凝りもそのまま、というパターンが続いてしまっていたのです。

今迄の経緯も原因として強くあったのですが、もう一つ大きく気になる点がありました。
それがマットレスの硬さで、横になっても腰や肩の突出した部分がマットレスに当たって強く反発してしまい、むしろ凝りや痛みが悪化してしまうケースが多かったのです。
これらの症状を緩和させようと上により柔らかい布団を敷いてみたのですが結果は芳しく無く、やはり数週間程で凝りや痛みが復活してしまいます。
やはり根本的にマットレスが合わないのかと思い、何か良い素材の製品は無いものかと積極的にネットやホームセンターを探し始めました。
そこで実際にホームセンターで実物の感触を確かめ、大きな感動と期待感を得たのがいわゆる低反発系のマットレスで、柔軟かつすっぽりと身体を包み込んでくれる感触、そして突出し真っ先に強く当たってしまう腰や肩への当たりの柔らかさ等、購入するに足る魅力に満ちていたのです。

購入した低反発マットレスで体が快適に!

そこで購入したのは布団の下に敷く低反発マットレスと枕一式。その日のうちに寝室に持ち込み布団や毛布と合わせ、実際に就寝してみる事にしました。
すると翌日の起床が驚く程に爽快で前日からの凝りや痛みを引きずる事も無く、腰や首筋、肩の違和感も大きく軽減していたのでした。
もちろんその後は欠かさずこれらのマットレスや枕を愛用する様になりました。
低反発マットレスと枕を利用し始めてからおよそ1ヶ月できつい首筋の凝りや痛みもすっかり解消し、起きている時間帯よりもむしろこのマットレスの上で横になる瞬間を楽しみにしている自分に気付いたのです。

現在では肩や首筋の辛さが影をひそめたおかげで無理してそれらの部位をトレーニングする必要も無くなり、無理無い姿勢で落ち着いて過ごせる様になっています。
もちろん低反発マットレスの効果は絶大でしたが、普段の生活においてもこうした楽な状態を維持出来る様、負担の掛からない正しい姿勢維持に努めています。