マットレスの選び方。自分のライフスタイルをよく検証して…。

マットレスは、一日のうちの約三分の一を占める睡眠時間において、大事な役割を担っていますね。
特に、私のような首痛みや背中、腰痛のある者にとっては、マットレスの違いで、身体の痛みがずいぶん変わるのです。
それだけ、マットレスの選び方が自分にとっては大事なのだ…と身をもって感じるのです。

幼少の頃から、マットレスは使用せず、おふとんでした。
敷き布団を二枚敷いたりしていましたが、これも、ライフスタイルが畳ではなく、フローリングになってきたこともあります。
そして身体の痛みを発症してしまったから、もっと身体の構造によいもので寝たいと考えるようになったこともあります。

初めて購入したマットレス

そんな時に、世の中で大ブームを起こしたテンピュールの存在を知ったのです。
シングルサイズが15万円くらいだったか。
私は即買いしたのです。

高価なマットレスということもあるし、身体の構造をよく研究されているマットレスだということも知り。
即買いでした。

15万円しても10年の保証がついていたし、そのくらいは使用できるだろうと思いました。
お試しをしたわけではありませんが、自分には合っていると思ったのです。

テンピュールが配送されてきたとき、まず大きな衝撃を受けたのは、重さです。
シングルサイズなのに、玄関から寝室まで自分一人で運ぶことができませんでした。
もう呆然としてしまいました。

実際にそのマットレスで寝始めると、確かに気持ちよく眠れたと思います。
身体の痛みが治るというほどではなかったですが、寝ている時に気持ちがよいというのはとても良いことです。

でも、掃除する時に全く移動できないこと、引っ越しで本当に大変だったこと。
そして、10年使用した頃でしょうか、なんと、マットレスの裏からカビが発生し、恐ろしい状態に。

すぐに新しい別の普通のマットレスに買い換えましたが、カビの生えたマットレスを回収するサービスを利用して、なんとか廃棄することができました。
テンピュールに限らず、マットレスの下にはスノコを敷くなど、通気には気をつけないといけませんね。

子供が生まれて早6ヶ月、とゆう事は子供との床マットレス生活を初めて6ヶ月経ちました!
産まれる前はどうやって寝るか悩みに悩んで、色々な意見を聞いたりネットで検索したり。
いざ!産まれてからは色んなパターンを試してみました。

とりあえず、デメリットが多かった物から却下になっていきました。
まず、夫婦+赤ちゃんダブルベッドです!
「うん、狭い!パパ踏みそうで怖い!」

次に、夫婦ダブルベッド、赤ちゃんベビーベッド!
「ほぼ3時間おきに大泣きそして授乳。パパ寝不足に、、、」

と同じ部屋で寝るのを諦め、別の部屋に布団を敷き、私と赤ちゃんはシングルお布団へ!
「赤ちゃんが泣いても気を使わなくて良い、とゆう事はパパも良く寝られる!&横に寝たまま授乳が出来る!転落の心配なし!」
と良いこと尽くめだったので、採用となりました。

ただ、何日か経ち、赤ちゃんは硬めの方が良く、お布団で良かったものの、私の身体が先に悲鳴をあげてしまいました。
どうしようかな〜と思いつつもそのままにしていたのですが、ある日、赤ちゃんの寝てる位置がいつもよりも大きくズレていました!

そこで、育児本を見ていると、赤ちゃんも1、2ヶ月は布団からはみ出るほど動く心配はありませんが、3ヶ月を過ぎると早い子は寝返りを打ったり、足で蹴って移動したりするとゆう事が判明。

次の日には(少し硬めの)ダブルのマットレスを購入する事を決意しました。

赤ちゃん用に購入したマットレス

マットレスはすぐに届き、早速寝てみると、、、
なんと身体の楽なことでしょう!!!
そして広いのでゴロゴロ出来る!!!
それだけではなく、大きくなってゆくにつれて、6ヶ月経った今1番買って良かったと絶賛実感中です。

本当に3ヶ月頃から足の蹴りで上に行ったり、ぐるっと回り、斜め、真横になって見たりと本当に自由でした。
5ヶ月には寝返りをうち、更に行動範囲が広くなり、水を得た魚のようにマットレスの上をゴロゴロし出しました!

ダブルでもたまに朝起きると私が端っこに追いやられるほどです。
また、子供の成長はをひしひしと感じるマットレスとなってしまいました。
買った当初は大きかったかなぁと思いましたが、今となってはそんな事無かったなと変わるほど、子供の成長は凄いです。

赤ちゃんの為であり、パパの為であり、自分の為でありで始まったマットレス生活が、こんなにも良く機能してくれていることに感謝です。

睡眠は生活の大切な一部であり、思い切って良かったなと家族で納得しています。
我が家はマットレスでストレスレスの生活です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です