マットレスは厚さと保温性の高い物を選びましょう。

快適な睡眠を得る事は健康にも繋がりますし日々の生活に置いては欠かせない事です。
睡眠不足では日常生活にも支障を来たしてしまい、
翌日の活動にも影響を及ぼしてしまうのですが、
ぐっすりと寝る事が人間にとって一番大事な事だと思います。

以前は和室で寝ていたのですが畳の部屋の状況という事もあり、
とても薄いマットレスで寝ていた事がありました。
一般的なサイズで三つ折にできるタイプだったのですが、
重ねて折れると言う事は厚みが薄く柔軟性に掛ける弱点があるという事です。
また畳の上に直に敷いていましたので冬の寒い季節になりますと、
マットレス自体に畳の冷えた温度が直接伝わってしまい冷たい状態でした。

冷たくて快適な眠りも妨げられてしまいましたので、
羊毛系のシーツを敷く事にしてなるべく冷やさない様にしていましたが、
やがて自らの体温で暖かかくなる状態でした。
冷えが厳しい状態の時には温まるまで待っている事が出来ませんでしたので、
対策として電気毛布を敷いて寝ている事もありました。

睡眠こそが一番大事な事ですし快適に寝る事が大切な事なのですが、
畳の上で寝ている事が悪かったのか満足に寝る事が出来なかったのです。
寒さで体が冷えてしまい夜中に何度も目が冷めてトイレに行っていましたが、
その度に睡眠が妨げられてしまい寝不足のまま朝を迎えてストレスを抱える事もありました。

何がいけないのだろうと考えた所、冷えた空気がマットレスからシーツを通り、
布団全体を冷やしてしまって快適に眠れる体温を妨げているのだと気が付きました。
ストレス無く眠りたいですし朝までぐっすりと睡眠を取って快適な朝を迎えたいと思い、
ベットを購入して睡眠環境から変えることにしました。
セミダブルのベットを購入してマットレスを敷く事から始めたのですが、
使用したマットレスは厚さが17cmもある分厚い物で、
以前に使用していた物と比べると約2倍もある非常に大きい物でした。

構造としては中にスプリングが入っており物を落とせば跳ね返るほど弾力が凄いのです。
自然な弾力がありますし体系に分散をして自然に沈み込みますので、
体への負担も軽減をされる構造です。

マットレスの保湿性の高さに感動

そして何よりも感動をしたのはマットレス自体の保温性の高さでした。
冬の寒い季節に暖房を入れて事前に温めていたのですが、
以前は思ったほど暖かかくならずに分厚いシーツでカバーをしていたのです。
ところがこのマットレスは熱を逃がさない構造になっており、
とても温かく布団全体を温める効果がありました。
夜中に寒さで目が覚めることも無く朝まで寝る事が出来る様になり、
マットレスの重要性を身に染みて感じました。

また一つ感じた事があるのですが人間はどうしても汗をかきますので、
シーツに染み込んで下のマットレスに汗が付着をしてしまいます。
やがて匂いも発生もしますし最悪の場合カビの様になりますので、
月に一度は太陽に当てて陰干して衛生的に使用したほうが良いと思います。

ベットを使用して床からの熱を遠ざけ、
更に分厚いマットレスで弾力に余裕を持たせる事が大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です