マットレスのお金をケチったばかりに腰痛を発生させていたら意味がない

夫婦2人で一緒に寝ていた時は、小さなベッドで一緒に眠っていたのですが、子供が生まれてからはさすがに3人で眠るにはセミシングルでは小さすぎ、夫と相談して思い切ってダブルベッドを購入することにしました。
海外の某有名インテリアショップに行ったところ、ちょうどバーゲンで安くなっていたダブルベッドを見つけて早速購入しました。
そのベッドはすのこっぽい板で、湿気も逃がしてくれるのでカビやダニなどの予防にもちょうどいいかな、と思ったのです。

ただそのベッドにはマットレスがついていなかったので、別に買う必要がありました。
実はそのことにショップにいる間には気づかず、家に帰ってから思い立ったのです。しかしまた再びショップにいくのは多少遠方なので面倒です。
そこで通信販売で探すことにしました。まあ、ダブルベッド用のマットレスですから購入して持って帰ってくることもできませんし、通信販売のほうが都合がよかったのです。
色々なサイトを探してみて、その中でかなり格安のマットレスがありました。色もよかったので早速購入を決定しました。

安いマットレスを買ってしまったために・・

しかし、3日後に届いたマットレスを見て夫とその薄さにびっくりしました。
まあそれでも使えないわけではないからと思い、結局そのマットレスをしいて早速その日から眠りました。
でもやっぱり薄いマットレスをすのこ状の上にのせて眠るのは、ちょっと固いんです。
どうしてもすのこの部分がごつごつします。寝ていて寝返りを打つと、骨の部分が当たると痛いんです。
そこで、もう1枚薄手のマットレスを追加で購入して2枚敷にすることにしました。やっぱり通信販売で購入。
届くまでに1週間ほどかかるということで、その間は1枚で乗り切ることになってしまいました。
しかし5日後、夫が子供を抱いてベッドの上に上がった時、突然ボキッ、という音とともにすのこの板の1枚が折れてしまったのです。
やはりもともとは厚いマットレスを敷いて使うものなのですから、薄いマットレスで夫の体重を支えるには無理があったようです。

マットレスって結構な値段がしますよね。
その値段をケチってしまったがためにこんなことになってしまい、まさに安物買いの銭失いです。
しかし買ったばかりのベッドです。仕方なく折れた板を修復して、新しく届いたマットレスを敷いて使い続けることにしました。
その後はなんとか使えていますが、子供が他の家のベッドと同じように飛び跳ねようとしたときは、慌てて止めています。
マットレスはいいものを買った方がいい、次回ベッドを買う時のために肝に銘じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です