理想は、洗えて、軽くて、あまり厚くないマットレス

我が家では、家族で寝汗をよくかきます。
なので、夏場なんかはマットレスに汗シミがついてしまいます。
勿論シーツを敷いているのですが、シーツでもガード出来ないほどの寝汗なんですね。
特にひどいのは男性陣で、汗シミはもちろん、男臭いニオイもマットレスについてしまうので大変です。
マットレスは洗うにしても、水につけると重くなってしまうので大変で困っていたのですが、ネットで軽い素材のマットレスを見つけてからは、洗うのがだいぶ楽になりました。

洗えるマットレスは便利だけど乾かすのが大変

我が家の一族は全員が花粉症なので、マットレスが洗えるのはとても助かります。
ただ、マットレスは安易に洗うと乾くまでが大変です。
どうしても厚みがあるので乾くまでに時間がかかりますし、アパート暮らしなので干し場所に困ったりもします。
また、天気の良い日を狙って干したとしても、乾くか乾かないかギリギリのところがあるのがマットレス。
干した日は、日が落ちるまでハラハラしてしまいます。一度、何も考えずにマットレスを洗ってしまったことがあり、夜までに乾かず、仕方なく毛布を敷いて寝たことがありました。

勿論、家族からは非難ごうごう。朝になっても体中が痛いし、大変後悔しました。
実家にいた頃は、マットレスを二重にしてその上に布団を敷いていました。
これは母の習慣で、私はどちらかというとせんべい布団のほうが好きだったので、一人だけマットレスを外して薄い布団で寝ていました。
親からは変な子、と言われていましたが、床の硬さがちょっとわかるくらいのほうが寝心地がいいのです。

マットレスなしでは考えられません

とはいえ、結婚してマットレスを使い始めてからは、マットレスを外しての睡眠は考えられなくなってしまいました。
慣れれば別なのでしょうが、今使っているマットレスは、厚みも色も沈み方も最高なのです。
たまに実家に帰って、二重にしたマットレスで寝ると体が変になるくらい。
そう考えると、マットレスってすごく睡眠生活に重要な役割を果たしているのでは?と思います。
普段ふかふかの二重マットレスで寝ている母も、我が家に来たときは私のマットレスでぐっすりと眠っているので実力はお墨付きです。

少し調べてみたら、マットレスには人によって合う合わないがあって、予算・軟らかいか硬いか・装飾品の有無などでそれぞれ好みが分かれるそう。
予算はともかく、軟らかすぎるマットレスは硬くすることが出来ないそうなので、なるべく軟らかいものから試してみるといいということですね。
そろそろ、新しいマットレスが欲しくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です