かかとをつけた正座で改善した私の腰痛

私が、腰痛を初めて感じたのは記憶にある中では大学生の頃のアルバイトの時でした。
ファミレスのホールでバイトしていたので、基本立ちっぱなしだし、下げてきたお皿がたくさん入ったボックスを洗い場へと持ち上げて運ぶ作業が意外とキツくて腰にきたのです。
まだ若い頃だったのでそこまで辛さはなく、少し休めば良くなる事が多い時期でした。

でも、歳を重ねていくと重いものを持つとか、生理中などに腰痛を感じる事が増えてきたのが気になっていました。
妊娠してからは更に腰痛は悪化してきて、出産を終えてからは抱っこ紐でしか寝てくれない子供の為に益々腰は痛む事が増えました。
それでも、トコちゃんベルトを巻いていたお陰で少しましになったような感じがしました。
その時に、腰痛は骨盤の歪みがあるせいなのかなと思ったのです。

そしてその後も生理中には必ず腰が痛むようになり、ある時何がきっかけか分からないのですがとにかく腰が痛くてたまらない時期がありました。
起きていても横になっていても痛いから、なんとかしたくてインターネットで検索していた中で、気になる話がありました。
朝の30秒の正座で腰痛を改善すると言っている健康法があるそうなのです。

朝の30秒正座で腰痛が改善されました

そんな正座なんかで良くなる訳ないじゃないか、と初めは馬鹿にしていた私ですがどうせやってもお金はかからないのだし、とりあえずやってみようと思いました。
とにかく辛かったので、何にでも良いからすがりたかったのです。
そしてその正座ではかかとを付けるらしく、書いてある通りにやってみたのですが初めてやったらかなりキツかったのです。
かかとはいつも離して正座するし、むしろ正座自体あまりしないのが日常ですからね。
足首の辺りが痛いように思ったけど耐えられない程ではないので、我慢してやりました。

でも、驚く事に数日続けたこの正座で本当に私のその酷く辛かった腰痛からは回復できたのです。
多分、その正座で骨盤の歪みが治ったからだと思います。
せっかく良いことを知ったのに、毎日続けないと意味がないかなと思ったけど私はやはり忘れっぽくて普段はやれていません。
なので、今は腰痛が気になったらすぐに30秒の正座をするようにしています。
骨盤の矯正をしてるような感じなのでしょう。

最初はちょっとキツかったのですが、慣れたら本当にすぐ出来るし手軽でしかも効果ある腰痛改善方法なので、ありがたいです。
これを考えてくれた人には感謝したいなと思います。
普段から左右のバランスが悪い私だから、たまにかかとを付けて正座して癖になっていた腰痛で苦しむのを減らしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です