ドアの挟まれ事故に注意!

子供がドアに指を挟まれて大泣きした経験はありませんか?
我が家では、長男がドアに指を挟んで号泣・・・

私がリビングから寝室へ移動しようとしたところ、子供が後ろからついてきていました。
そのことに気づかず・・・
長男が号泣して始めて気づきました。
幸い大怪我にはなりませんでしたが、ふと目を離したときに事故は起こりました。
以前から「ヒヤリ」「ハット」した経験はありましたが・・・
それからは事故が起きないよう、親が注意すべき点の見直し・安全を確保させるための指挟み防止アイテムを設置しました。
結果、今では「子供がドアに指を挟む」ことがなくなりました。

 

年間100人がドアで指を切断!

東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアにはさんで932人が救急搬送され、45人が指を切断しています。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断していることになります。
ドアの挟まれ事故は、0歳から発生しています。
事故が起きてしまってからでは取り返しがつかないのです。

 

<事故事例>
・ハイハイができるようになり、部屋に入ろうとドアを開けたらドアの後ろにいて指を挟んでしまった。
・子供が2歳頃のとき、玄関のドアを開けたり閉めたりして遊んでいた。その時に指を挟まれて とっさに引いたら爪が全部剥がれて大量出血した。
・子供が4歳のとき、リビングのドアの隙間で落ちたものを拾ったとき、風で戸が閉じてドアの隙間にたまたま置いていた指が挟まり切れて出血した。

 

子供の指挟み事故を防止するには

・ドアを開閉するときはゆっくりと開閉しましょう。
・ドアを開閉するときは、子供が近くにいないか必ず確認しましょう。
 子供は、気づかないうちに後からついてきたり、ドアの隙間に手をかけたりするので、注意が必要です。
・ドアを開閉するときには「ドアを開けるよ!・ドアを閉めるよ!」と声かけすることを習慣化させる、
・玄関ドアのような重い扉は急に閉まらないよう調整
・指挟み防止対策の設置
 指挟み防止グッズは、必要に応じて複数使用するなど、子供の手の届く高さを考慮して取り付けましょう。

 

指挟み防止対策を設置した感想

始めに試したものが、ドアに挟むタイプでした。
ドアの挟まれ事故に注意! 設置後は「これで安全!」だと安心しきっていたのですが、ヒンジ側で指を挟みそうになったことがありました。
これでは不十分だと考えているなか見つけたのが、はさマンモスでした。

 

 

はさマンモスとは

はさマンモスは、ドアの蝶番側にカバーを取り付けることで子供の指を守ります。
透明で見えにくいですが、指をしっかりガードしつつ、外観を損なわないデザインです。
両面テープで接着しますが、接着面が少ないので、はがすのが楽です。
また、ハサミで簡単に切れるので、ご家庭にあった長さに調節できます。
耐用年数は、普通の家庭での使用で、かつ、何かをぶつけたりしなかった場合は5年となっています。
5年あれば子供は大きく成長するので、十分な耐用年数で安心です。

 

 

まとめ

ドアの指はさみ事故が最も多いのが自宅の手動ドアになります。
他にも、エレベーターの扉・自動車のドアなど、いたるところに危険は潜んでいます。
事故が起きてからでは手遅れになります。

自宅ではこういった便利なアイテムを使って子供の安全を確保できますが、外では「子供が自分で危険かどうかの判断ができる」までは、親が見守ってあげなければいけません。
子供の安全を守るのは親の責任だと意識をもって、これからも育児に取り組んでいきます。

おすすめの記事